自動車の進化がすごい

自動車の安全性が高くなり

自動車の安全性について

自動車の安全性は年々考え方が変わってきています。古くは強いボディで潰れないのが安全性を保つと考えられていましたが、人間があたった際の安全を重視する、また、乗員を保護する意味でボディは逆に潰れてショックを吸収する方向に変わりました。さらに自動車にコンピュータを搭載することが普通になってくるとカメラや赤外線などを追加することで事故を未然に防ぐ事機能を追加することが安全に繋がると考えられています。人間はミスをするという考え方を基本に開発が進められることが多くなっており、さまざまな安全機能が追加されてきています。

最近の車の安全性能について

最近の自動車にはさまざまな安全性能を高めるための機能が付いています。まず、BMWヘッドアップ・ディスプレイについてです。これには車速やカーナビルート案内の矢印表示などの情報がすべてフロントのウィンドゥに投影される機能であり、これなら進行方向をみたまま画面の確認が出来るので、わき見運転の心配がありません。次に、パーキング・アシストという駐車可能なスペースを自動的に推測し、自動的に駐車をサポートしてくれる機能です。これがあることによって、自分のと相手の自動車同士が接触する心配をしなくても大丈夫です。

↑PAGE TOP